リーダーの言葉の力

リーダーの言葉の力

ネルソン・マンデラの生涯を描いた映画インビクタスの名言からリーダーを学ぶ

南アフリカ共和国の元大統領、ネルソン・マンデラ氏の激動の生涯を振り返った映画『インビクタス』と名言で彼の信念に生きる姿とリーダーシップを学びます。
リーダーの言葉の力

【リーダー必読!】スポーツの世界で見た感動のシーンと『恕(思いやり)』の心

スポーツの世界でアスリートたちが聴衆に与える感動は、競技成績だけではなく時としてその人間性に現れます。ビジネスの世界においても結果を出すために、リーダーの方たちに求められるのは、このような『恕(思いやり)』の心なのかもしれません。
リーダーの言葉の力

リーダーの思いやりの心『恕(じょ)』を育てる3つのコツとは?

リーダーに求められる資質については議論がありますが、思いやりの心『恕』を育てることは最大の能力を発揮する強いチーム作りのための基礎と言えます。
リーダーの言葉の力

義足の五輪メダリストエイミー・パーディーさんの人生を自分で切り開く力

エイミー・パーディーさんが病により腎臓、脾臓を失い、さらには両足を失ったにもかかわらず2回の五輪でメダルを取ったことははたして奇跡なのでしょうか?
リーダーの言葉の力

男子三段跳び世界記録保持者ウィーリー・バンクスとの出会いと『ありがとう』

かつて三段跳びをやっていた私にとってのヒーローである、男子三段跳びの世界記録保持者のウィーリー・バンクス氏からの深夜2時の電話は、とても意外で感動的な会話でした。
リーダーの言葉の力

「ありがとう」の語源・由来を知って生きている今に感謝する

『ありがとう』という最も美しくて尊い言葉の語源・由来がわかると、何気ない日常の1コマ1コマにありがとうと言う感謝の気持ちが芽生えてきます。
リーダーの言葉の力

柔道の斉藤仁選手が貫いたリーダーのあるべき『心』とは?

柔道家としてひとりのアスリートとして、そしてリーダーとして常に先頭に立って『感謝の心』をもつ大切さを、自身の人生を通して伝え続けてきた斉藤仁さんとのエピソードです。
リーダーの言葉の力

誰かのために生きるということを決めた2人の物語

『誰かのために生きる』という意識をもって日々を過ごすことで、これまで感じたことがない力を感じることがあります。しかし、それ以前に『自分には素晴らしい価値がある』と自分自身を信じ、認めてあげることがとても大切です。
リーダーの言葉の力

1984年ロス五輪男子マラソン金メダリスト、カルロス・ロペスからの贈り物

トレーナーとして1984年ロス五輪男子マラソン金メダリスト、カルロス・ロペス選手の活躍に関わらせていただけただけでなく、競技場の中でロペス選手が見せたパフォーマンスは彼を支えたチーム全員の心に響くものでした。
タイトルとURLをコピーしました