最速でティッピングポイントを迎えるためのハードワーク期の取り組み方

最速でティッピングポイントを迎えるためのハードワーク期の取り組み方 ティッピングポイント
最速でティッピングポイントを迎えるためのハードワーク期の取り組み方

 

自己実現にはハードワークというプロセスは不可欠です。
こちらのページで述べた通り、自己実現を目指すうえでハードワーク期は成功を目指すプロセスにおいて最も負荷が大きい時期と言えます。

自己実現を加速させる成功曲線とティッピングポイントとは?

しかし、ハードワーク期は負荷が大きい時期だからこそ、ティッピングポイントを1日も早く引き寄せて次のステージであるブランディング期に移行するのが望ましいと言えます。

もちろん、そのためには毎日ひたすら学び鍛錬するしかありません。

 

しかし、私たち人間が生きる時間は限られています。

であるなら、ここで考えるべきは自己実現までに必要な学習、努力の効果の最大化です。

 

学習効果を最大化させる方法

自己実現だけでなくビジネスにおいてもスポーツにおいても、目標やゴールを目指すうえで最も効果的な努力とはどのようなものでしょう?
『学力』の経済学という書籍の中で、『最も学習効果(ここでは収益)を上げた方法は、教育を受けることの経済的な価値に対する誤った思い込みを正すだけである』と述べています。

具体的にはこのように書かれています。

高校を卒業後すぐに働き始めた人と、大学を卒業してから働き始めた人の間では、生涯で稼げるお金に実に1億円の差があります。

1億円を年末ジャンボ宝くじで当てようとすれば、その確率は1000万分の1です。交通事故で無くなる確率が1万分の1、飛行機で事故にあう確率が20万分の1と言われている中、これはほとんど不可能と言ってよいレベルでしょう。しかし、宝くじで1億円が当たることを夢見なくても、大学へ行けば生涯で稼げるお金は1億円高くなるのです。

参考書籍:中室牧子『学力』の経済学

 

つまり、学習の因果関係を知ることが学習効果を最大化させる方法と述べています。

こうしたらこうなる、こうなるためにはこうする、という因果関係を知ることで学習や努力に対する成果も出やすくなります。
逆に言ってしまえば、目標の達成とは因果関係がない学習や努力をいつまで継続してもほとんど意味がないということです。

真面目な人ほど石の上にも三年という言葉を信じて頑なに努力を続けますが、ただ座り続けても自己実現することはないというわけです。
また、あなたが掲げる目標が現実とはかけ離れた目標であっても、こうしたらこうなる、という正しい取り組み方に則って行動することで、当然のようにあなたが目指した姿、目標に近づくことができるのです。

つまり大切なことは、むやみやたらに努力することではなく正しい取り組み方に則って徹底的に努力するということです。

ティッピングポイントを引き寄せるための正しい取り組み方とは?

ではここで、ティッピングポイントを引き寄せる正しい取り組み方について解説します。

正しい取り組み方とは、正しい方向と正しい行動の両立と言えます。

どれだけ正しい行動、努力をしていても、まったく見当違いの方向を向いていてはゴールに到達することはありません。
また、どれだけ正確な方向を向いていても、まったく見当違いの努力をしていては『暖簾に腕押し』の状態で、これもゴールに到達することはありません。

あなたが目指すべき正しい方向をしっかりと見据えたうえで、最も効率的、効果的な方法で努力を積み重ねることで、驚くほどのスピードでティッピングポイントを引き寄せることが可能になります。

ティッピングポイントを引き寄せる正しい方向の見つけ方

なりたい自分になる

ティッピングポイントを引き寄せる正しい行動の仕方

成功は成功からしか生まれない

勝ちたければ勝ってるやつに会いに行け

かたまりで見るな、因数分解せよ

感情を創れ

まとめ 最速でティッピングポイントを迎えるためのハードワーク期の取り組み方

正しい取り組み方を無視してむやみやたらに行動する人に限って、ティッピングポイントを迎えることなくドロップアウトしてしまいます。

ハードワーク期は成功を目指すプロセスにおいて最も負荷が大きいという事実は間違いありません。
しかし、正しい取り組み方で努力を積み重ねることで、あなたの想像以上のスピードでティッピングポイントを迎えることが可能になります。

  • なりたい自分になってみたい!
  • やっぱり夢を追いかけてみたい!

という方は、ぜひここで紹介したワークをひとつずつ実行してみてください。
行動した人しか味わうことができない変化や成長を感じることができると思います。

これらのワークをすべて実行したら、今度はブランディング期の正しい取り組み方について解説させていただきますのでお楽しみに!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました