リーダーシップに必要な条件とスキルを理想の上司ランキングからひも解く

リーダーシップのスキルを理想の上司ランキングからひも解く リーダーシップ概論

みなさん こんにちは。

強いチーム、結果を出すチームにはすべからく『優秀なリーダー』の存在があります。

会社を取りまとめる経営者の方や、その中で管理職といったポジションの方、
また、スポーツの世界においても監督やキャプテンという立場の方、

すべての方たちは『リーダー』というポジションに該当し、
日々、チームのために新たなことを学び、挑戦を続けていることかと思います。

では、このリーダーと言われるポジションに与えられた責任と役割、
そしてそれを全うするために必要なスキルとは、いったい何でしょうか?

もちろん、リーダーである方々はその答えを手に入れるべく日々努力しているとは思いますが、
ここで一度立ち止まって考えてみてください。

そのスキルは、実際に現場で働くチームメンバーたちが望むスキルなのでしょうか?
実際に現場で働くチームメンバーたちは、どのようなリーダーを望んでいるのでしょうか?

リーダーシップのスキルを身につけることも大切ですが、
そのスキルが『誰のためのもの』であり、『本当に必要なリーダーシップのスキル』とは何かという点について考えてみたいと思います。

 

一般的なリーダーシップの定義

リーダーシップ、についてWikipediaで、以下のように定義されています。

自己の理念や価値観に基づいて、魅力ある目標を設定し、またその実現体制を構築し、人々の意欲を高め成長させながら、課題や障害を解決する行動。

Wikipediaより(引用:リーダーシップ)

 

さらに、リーダーシップの質を決定づける資質=スキルとして以下の例を挙げている。

孫子においては、「智」「信」「仁」「勇」「厳」の5つを挙げている。
クラウゼヴィッツは、指揮官の才能として、「知性と情熱を兼ねる高度な精神」「危険を顧みず自身の行動に責任を負う勇気」「不確実な事態における洞察力」「洞察に基づく具体的な行動する決断力」などを挙げた。
大日本帝国陸軍の教範において、蔵田十紀二は、「高邁の品性」「至深の温情」「堅確な意思」「卓越した識見」として、全体的な人間の能力を網羅している。
アメリカ海軍の士官候補生読本においては、「忠誠」「肉体的精神的勇気」「信頼」「宗教的信仰」「ユーモアのセンス」「謙虚」「自信」「常識」「判断力」「健康」「エネルギー」「楽天主義」が挙げられている。

ジョン・アデアによれば、優れたリーダーであることを証明する資質として、「誠実さ」「熱意」「思いやり」「冷静さ」「厳格にして公正」を一例としているが、リーダーは自分のチームに期待されている資質を具体的に示さなくてはならないとしている。

Wikipediaより(引用:リーダーシップ)

ジョン・アデア氏以外は軍人、武人と言われる方たちですが、それほど偏ったスキル、資質を求めているわけではなさそうです。

また、孫子があげた5つのスキルが以下の方々が述べたスキルを端的にまとめており、武士道に慣れ親しんでいる日本人であれば、ここで挙げられたリーダーシップのスキルはほとんど違和感がないのではないでしょうか。

智:知識 信:信頼 仁:やさしさ 勇:勇気 厳:厳格

アメリカ海軍の中にある『ユーモアのセンス』が一番現代的なスキルに感じる一方、個人的には難易度が高い気がしないでもありません。。。

ちなみに、多くのサイトや書籍の中では、リーダーシップのスキルとして
ビジョンを見せる力、コミュニケーション能力、目標を設定し、達成する力などが必要と言われています。

 

そして、リーダーシップに求められるスキルとして最も重要な点ですが、
ジョン・アデアがスキルの一例をあげた一方で

『リーダーは自分のチームに期待されている資質を具体的に示さなくてはならない』と述べています。

つまり、経営者や管理職といったリーダーたちが『リーダーは○○である』と一方的に定義したリーダーシップやスキルでは、
現場で働くチームメンバーたちが求めていない、期待していないスキルになってしまう場合がある、という訳です。

 

では、実際にチームメンバーたちは私たちリーダーに対して、どのようなスキルを望んでいるのでしょうか?

そのヒントになるものが『理想の上司ランキング』です。

理想の上司ランキングからリーダーシップのヒントを探す

理想の上司ランキングは明治安田生命さんが行うものと、産業能率大学さんが行うものの2種がありますが、
今回は集計結果の中にスキルの分類がわかりやすく明記されていた明治安田生命さんの調査結果を参考にさせていただきました。

理想の上司 – 明治安田生命

理想の上司ランキング 男性編

リーダーシップのスキルを学ぶ理想の上司ランキング 男性編

引用:明治安田生命(理想の上司ランキング)

 

さらにランキングの理由となっている表がこちらで、理由の上位3つを緑の網掛け表示になっています。

リーダーシップのスキルを学ぶ理想の上司ランキング 男性編2

引用:明治安田生命(理想の上司ランキング)

 

この調査では、回答者が理想の上司とする人物を選ぶときに、

実力がある、指導力がある、頼もしい、親しみやすい、知性的・スマート、おもしろい、落ち着きのある、明るい、天才(肌)、優しい、熱血、兄貴(肌)、その他

の12の項目から3個を選んで回答していることから、その人物のどういったスキル、要素を評価して、理想の上司として選んでいるかがわかります。

上の理想の上司ランキング男性編の中の1位、内村光良さんは親しみやすい(48.6%)、優しい(25.7%)、頼もしい(16.2%)となっており、
2位の松岡修造さんの場合は、熱血(33%)、頼もしいとおもしろいが同率で(14.2%)、指導力がある(19.0%)となっています。

1位の内村光良さんと2位の松岡修造さんの網掛け部分のスキルを比較しても、重複している部分は『頼もしい』の項目だけですが、お二人ともこのスキルが最も評価が高いということでもありません。

特に2位の松岡修造さんは、最も高く評価されているスキルが『熱血』であり、
同様に『指導力がある』や『頼もしい』という上司らしい基本的なスキルが高く評価される一方で、

真逆とも思える『おもしろい』というスキルが高く評価されているということから、
一般的に言われる上司やリーダーとしてのスキルだけでなく、

自分たちに目線が近い人物、親近感が持てるような人間性も
チームメンバーたちの能力を最大化させるうえでは重要なスキルになり得ると言えます。

アメリカ海軍の士官候補生たちに求められている『ユーモアのセンス』もあながち間違いではなさそうです。

また、理想の上司ランキング男性編の全体を見渡すことで、上司として相対的にどのスキルが求められているかがわかります。

実力がある(3)
指導力がある(7)
頼もしい(7)
親しみやすい(7)
知性的・スマート(9)
おもしろい(3)
落ち着きのある(2)
明るい(1)
天才(肌)(2)
優しい(2)
熱血(1)
兄貴(肌)(0)
その他(0)

この集計結果から、男性が上司に求めるスキルは、

1位 知性的・スマート(9)
2位 指導力がある、頼もしい、親しみやすい
3位 実力がある、おもしろい

であることがわかりました。

 

理想の上司ランキング 女性編

では同様に、理想の上司ランキングの女性編も見てみましょう

リーダーシップのスキルを学ぶ理想の上司ランキング 女性編

引用:明治安田生命(理想の上司ランキング)

リーダーシップのスキルを学ぶ理想の上司ランキング 女性編2

引用:明治安田生命(理想の上司ランキング)

実力がある(3)
指導力がある(0)!?
頼もしい(8)
親しみやすい(10)
知性的・スマート(6)
おもしろい(3)
落ち着きのある(2)
明るい(3)
天才(肌)(0)
優しい(4)
熱血(0)
姉御(肌)(3)
その他(0)

この集計結果から女性が上司に求めるスキルは、

1位 親しみやすい
2位 頼もしい
3位 知性的・スマート

であることがわかりました。

この3つのスキルは男性の集計結果にもすべて含まれていますので、上司としての基礎的スキルとも言えますね。

この3つがリーダーシップに必要な3つのスキルです、と断定することはできませんが、
少なくとも一緒に働くチームメンバーたちには上司として求められている要素、素質であることは間違いありません。

少なくとも、盲目的に一方的に与えられたスキルではなく、
現場でチームの中で働く人が望んでいるという点では、

この3つのスキルは、これからリーダーになろうとしている人にとっても重要なスキルになるかもしれません。

 

【まとめ】リーダーシップのスキルの前に知るべきこと

これまでの理想の上司ランキングは20代から50代の学生、社会人による回答ですが、
実際には経営者自らが求めるリーダーシップのスキルがあるはずです。

もし、経営者であるあなたが現場で指揮を執るリーダーの役割も兼ねる場合、
どのようなスキルが必要になると思いますか?

先述の通り、多くの方がリーダーシップのスキルとして、
ビジョンを見せる、語る力やコミュニケーション能力などの必要性を声高に叫んでいますが、

そもそも、なぜリーダーはビジョンを見せなければいけないのでしょうか?
経営者にとってリーダーがチームに果たすべき役割や責任とは何でしょうか?
リーダーがリーダーシップをもって100%機能することで、経営者にどんなメリットや恩恵があるのでしょうか?

つまりは、リーダーやリーダーシップの目的や意義について理解していなければ、リーダーやリーダーシップに必要なスキルを決めることはできません。

 

というわけで、次回は企業やチームにおけるリーダーやリーダーシップのスキルについて考えてみたいと思います。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました