人生は「自分デビュー」したもん勝ちです。

幼児向けアスリート道場を経営する宮田拓さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。 受講者の声

幼児向けアスリート道場経営
宮田拓さん

宮田
私は子どもに体育を教えるという仕事を元々していてその仕事で独立しようという気もあったので、スポーツ系のセミナーに通っては勉強をしていました。
コアコンディショニング協会のセミナーで吉武さんのことも知っていたんです。
知り合いに紹介されて私が吉武さんの道場に通い始めるよりも前に、何度かお話してますよね。

吉武永賀
そうそう、そうだった。でも、道場に通うときは会社をもう辞めていた気もするなぁ。

妄想に本気の喜びがともなってはじめて、それはエネルギーに変わる。

吉武永賀
独立する体勢になってから、トレーニングを受けていたよね?

宮田
そうなんです。勢いで。そのときは「やりたい」という想いがハッキリあったはずなのに全然うまく行きませんでしたね。道場に通っているとき、失業保険をもらいながら通っていたんですよ。

吉武永賀
思い切ったなぁ。

宮田
私は昔から、「妄想家」なんです。小さいころから「あの高校に行って甲子園出場したいな」とか「プロ野球選手になって阪神タイガースに入団したいな」とか。そのあとは「プロサーファーになりたい」と思って宮崎県に移住してきましたし、その延長に幼児体育もあるんです。
子どもが言う「プロのテニス選手になりたい」みたいなのを聞いて「ああ、それに寄り添ってあげたいな」っていう妄想。

吉武永賀
なんとなく、なんだよね。

宮田
そう、なんとなくなんです。だから自分で子ども向けの道場をやろうと思っても、結局何をしたいのか、何をすればいいのか、わかんなかった。体育の指導をすることと体育の事業を経営するって、全く違うんですよね。
お客さんを呼んでくる方法ひとつ、わからなかったんです。

吉武永賀
妄想は、いい。でも妄想だけじゃダメなんだよね。そこに具体的な喜びを自分が感じられないと。本当にそれを成し遂げることで自分が喜びを感じられるだろうと考えたことだけが、エネルギーを生むんだよ。

宮田
吉武さんのトレーニングを受けたことで、改めて「自分」を発見したような感覚がありました。これでいいんだって、思えて。
「自分デビュー」というのかな。スポーツをするこどもたちの中にも、監督や親の影響を受けすぎて自分の能力を発揮できない子っているんですよ。彼らに対して私は「君の自分の考えって大事なんだよ」って認めてあげることを大事にしているんですけど、それは自分が吉武さんからやってもらったように、彼らを「自分デビュー」させたいのかもしれません。

吉武永賀
結局好きなことしか頑張れないもんね。だから得意じゃないことを嫌々やってもダメで、自分が思うことをきちんと表にだせるようになる「自分デビュー」こそ、将来成功していく第一歩なのかもしれないよ。

幼児向けアスリート道場を経営する宮田拓さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

好きなことは突き詰めていけば、ちゃんとマネタイズできるはず。

宮田
自分の妄想がちゃんと現実的なものに変わっていったのは、10ヶ月のトレーニングの最後の2ヶ月間ですね。卒論として10年後の事業計画書をつくったときでした。ただ漠然と子どもたちに何かしてあげたいなということじゃなくて、それまで人がいなかった地方の公民館をアスリート道場にしてみんなの声を響かせたいなとか、本当にやりたいことを考えて、その想いややり方を綴って。そうしたら自分が思っていた以上に、かなりの分量が書けました。考えて、アウトプットして、できるぞって気持ちになったんです。

吉武永賀
失業保険をもらっていたのは、いつまで?

宮田
吉武さんのトレーニングを受けながら自分で道場をひらいて子どもたちを呼んで、というのは少しずつ進めていたので。卒業するころには、なんとか自分の力でやっていけるくらいにはなっていましたよ。

吉武永賀
その後は、どうかな。

宮田
卒業して2年で、事業を法人化しました。いまでは宮崎市からトップアスリート発掘の委託プロジェクトを引き受けていたりもするんですよ。

吉武永賀
すごい。2年でそこまで成長して大きな仕事も引き受けて。やっぱり好きで得意なことをやるって強いよね。そこには誰だって可能性があるし、好きなことをとことん突き詰めればマネタイズできるんだよ。

宮田
そうですね。逆に苦手なことはいくらやったってダメ。

吉武永賀
本当に。このサイトを見ている人に、何かアドバイスをもらえないかな。

宮田
何でしょうね。人生は「自分デビュー」したもん勝ちって、伝えたいですかね。
自分がどうしたいのか、何をすべきなのか、見つけて自分デビューできるかどうかで、その後の人生が、すごく変わると思うんです。

実際、私も吉武さんのトレーニングを受けなかったら、幼児体育の夢は諦めて他の仕事をしていたのかもってたまに思うことがあるんですよね。
「やろう」って決めるのはもしかしたら大変なこともあるかもしれないけど、悩んでいる人はやってみてほしい。
デビューしてみれば勝ちなんだって、実感できる日がくるはずです。

幼児向けアスリート道場を経営する宮田拓さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました