「一点突破」を決めれば、やることもやらないことも見えてくる。

美容心理カウンセラーの奥園清香さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。 受講者の声

美容心理カウンセラー
奥園清香さん

奥園
私はたけやん道場の出身者じゃなくて、2008年に行われたビジネスコーチングのセミナーに参加し、吉武先生のセミナーをはじめて受講しました。もう10年も前になりますけど。

吉武永賀
もう10年も前になるんだ。

自分の強みを1分で説明できますか?

吉武永賀
でも清香とは、コーチングより前から知り合いだったよな?

奥園
はい。2003年に共通の知り合いの紹介で仕事の相談などさせていただいていました。でも私が吉武先生に対して持っていた印象がガラッと変わったのはコーチングのときですね。
それまでお話をしているときは「体育の先生」という印象が強かったのですが、コーチングの開始とともに一気に「師匠」になりました。

吉武永賀
なんで?

奥園
最初からエネルギーの大きさに圧倒されましたね。私とふたりで話しているときの吉武先生のエネルギーが100だとすると、多くの人の前で講師をすると、それは人が多くなるほどに一人ひとりに伝わるのは100から減っていくのが普通ですよね。
でも先生はそうじゃないんです。全員に100ずつ伝わる。
「わかるか?」って問われれば、すぐこちらも「わかるよ!」「できそう!」って思わず反応してしまう感覚がありました。

吉武永賀
清香としては、どういうことをコーチングから学べたと思ってるかな?

奥園
そうですね。「一点突破」という考え方を先生からは教えてもらいました。コーチングのグループワークで「自分のことを1分で説明するなら?」というのを行なったんですよね。
端的に伝わる自分の強みやコンテンツ、ウリってなんなのか。
自分でも徹底的に考えたし、先生にもアドバイスをもらって見つけていく体験をしました。
カウンセラーをしていた私が「美容業界の、特に経営者に特化してビジネスを行いたい」と決めたのもそのときです。

吉武永賀
それまでは教育とか福祉とか、個人相手も一般企業相手も、幅広い分野でカウンセリングやったり講演会やったりしていたからね。やることとやらないことを決めることで、自分の道を見極めていく重要性を感じてほしかったんよね。

奥園
そこで絞りなさいって言われて、絞っていくことで明確になり自分の強みや極めて行く道が見つかりました。

美容心理カウンセラーの奥園清香さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

道が見えてくることで『引き寄せの法則』も機能し始める。

奥園
美容業界に特化すると決めた後は、具体的にどんなことを行っていくか先生と相談しながら徹底して言語化していきました。
元々「カウンセラー」って人の話を聴くことに徹するんですが、私は聴くこと以上に「通訳する」「つなぐ」というキーワードが出てきました。
美容業界って職人気質の方も多く、経営者もサロンなどのスタッフの方も話慣れていない人が多い。だから聴くだけではなく「経営者とスタッフ」「美容師とお客様」とそれぞれの想いを通訳し、つなぐ役割を行おうと考えました。

吉武永賀
そうそう。何をするか、何をしないかを決めると、自ずと目の前のやるべきことも定まってくるんだよな。

奥園
引き寄せの法則って本当にあると思います。一点突破でやることを決めてそれを周知し始めたら、どんどん仕事が舞い込んでくるようになりました。

吉武永賀
清香はそうやって、仕事をしている様子をちゃんと報告してくれるよね。仕事がどんどん来て、「来たなー!もう清香、勝ったなー!」って一緒にすごく喜んだことはよく覚えてるよ。

奥園
ありがとうございます。

吉武永賀
進化の度合いがすごかったし、今でもそれが止まらないから。専門誌に取り上げてもらって依頼が殺到して仕事の単価も上げて、著書も出版した。すごいじゃん。いまは名古屋を拠点に東海地方中心の活動だよね?全国に展開していくことは考えてないの?

奥園
そういうことも考えています。もちろん自分で考えていくのですが、困ったときはまた吉武先生に相談できればと思います。なかなか自分ひとりでは「明確化」「言語化」は難しいので。
吉武先生と出会った10年前から将来が自分の中でイメージできていくって感覚はずっとあるんです。イメージするから実現できる。

吉武永賀
それ、このサイトを見ている人にもアピールできるかな?

奥園
できます、できます。でも、あまり先生が人気者になると、私がビジネスの相談をする時間が減ってしまうので、ほどほどのアピールにとどめておこうかなとも思いますけどね(笑)。

美容心理カウンセラーの奥園清香さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました