たけやんを凌駕するくらい ずっと成長し続ける。

ビジョナリーコーチの田中敦子 受講者の声

フィットネスクラブ経営/ビジョナリーコーチ
田中敦子さん

田中
コーチング前と後でわかりやすい変化で言えば、経営しているフィットネスクラブの店舗数が増えたことですね。

吉武永賀
いま、何店舗?

田中
6店舗あります。

吉武永賀
それはすごいね。今日はよろしく。

ビジョンの実現より、今日の売上や利益を追いかける。

田中
自分の経営している会社は、自分がやりたくて始めたものじゃなかったんですよ。私のパートナーに頼まれて会社を作ったのに、何もせず亡くなってしまって。
仕方なく仕事は継続していても「どうしようかなぁ」って思いながら、どこか中途半端に継続していたものでした。

吉武永賀
他の人に言われて始めているから、ビジョンが見えない経営になっていたのかな?

田中
いえ。元々「これがやりたい」ってものを掲げるタイプじゃなかったですね。かなり現実的で、どちらかというと目の前にあることを重視するような経営者だったかもしれません。

吉武永賀
どういうこと?

田中
よく夢だけ語って何もしない人っているでしょ?あれが嫌だなと思っていて。だからもっと現実的に、利益が上がることをしたかった。何を目指そうとかやりたいとか、なくて。ビジョン実現のためにというより、今日の売上や利益のために、というのが大きかったです。利益が出そうだからやってみようとすることばかりだったなって、振り返って思いました。

吉武永賀
コーチングを受けて、それが変わったんだ。

田中
初回のセミナーで「ティッピング・ポイント」の話を聞けたことが、とても印象的です。物事は右肩上がりによくなっていくんじゃなくて、あるきっかけがあれば爆発的によくなるんだって。そのときの私には、それが妙に腑に落ちたんです。コーチングを受けてみようと思いました。私にとってのティッピング・ポイントは、たけやんのコーチングに通い始めることだったのかもしれないですね。コーチングをきっかけに、自分のビジョンを考えることができたんです。

ビジョナリーコーチの田中敦子さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

たけやんのコーチングは、コーチングが終わっても、関係が続く。

吉武永賀
コーチング以前はビジョンを描くことなく経営をやってきて、コーチングを受けてどうよかったのかを聞いてみたいな。

田中
ビジョンって、ビジョンの材料となる夢だったり、こうなったらいいなって想いがないと描けないんですよね。さらに、自分がそのビジョンを描くに相当する人間なんだって、自分承認ができてないといけない。それができるようになりました。「セルフイメージが変わる」というのかな。それをすることで、ビジョンが描きやすくなりました。

吉武永賀
たとえばどんなことを感じた?

田中
ビジョンを見るステージが上がったんだと思います。たとえばそれまでの私は、利益の上がりそうなことを探していたのでビジョンが見えなかった。ビルの1階から近くの外を眺めていた感じだったんです。でもコーチングを受けてみて、それがビルの10階からの景色や30階からの景色も見られるように変わった。そうすると色々なものが見えてきて、「こんなこともできるんだ」「あそこにも行ってみたいな」って気持ちになりますよね。そういう体験を、コーチングではできたなと思っています。

吉武永賀
経営しているフィットネスクラブで物販も始めるようになったよね。

田中
そうですね。「得意なことを活かして物販をやってみよう」と始めてみるとうまくいきました。

吉武永賀
ダニーは元々、アパレルで何億も売り上げていたトップ営業でしょ。そこにはダニーの得意があるよね。

田中
そうなんです。自分が得意なことだったから、物販営業するのは楽しくて。私だけでなくスタッフもできるように、トークスクリプトをつくったり。そのあとは「ビジョンコーチングやりなさい」ってアドバイスももらいましたね。自分がビジョンコーチングを受けていた立場から、突然他の人にコーチングする立場になって最初は戸惑いもあったけど(笑)。必死で勉強しましたよ。

吉武永賀
メンターの資質がある人がメンターに出会って、自分で事業を成功させたら、今度はまた誰かのメンターになる。これって理想形なんだよ、ダニーにはその理想ができると思っていたから。

田中
ええ。実際にそちらの事業でも大きな成果を挙げることができています。

吉武永賀
僕のコーチング、つまりビジョンコーチングやダニーのビジョンコーチングは、どんな点で人におすすめできると思う?

田中
事業コンサルタントとは全然違うなって思っています。コンサルタントだったら、契約期間が終われば関係も終わり。何か追加で相談したかったらお金がかかるって関係性じゃないですか。でも私たちはそうじゃない。関係は続くし、いつでも相談できるし、仕事で何かあれば報告もする。たけやんのコーチングの受講生たちは、だから成長し続けている人ばかりなんだと思います。

吉武永賀
たしかにそうだなぁ。一緒に事業をやっている人から言われたことがあるんだよね。「吉武さんは、自分を凌駕するくらいの人を育てることができる」って。みんな、成長を続けていってくれるからなのかもしれないな。

田中
そうですね。たけやんと私たちは先生と生徒でありつつ、経営者同士として切磋琢磨し、ときには凌駕するくらい対等な関係。互いに意識しながら、ずっと成長し続けていきたいですね。

ビジョナリーコーチの田中敦子さんに吉武永賀のセルフビジネスコーチングの感想をお聞きしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました