津波てんでんこから学ぶリーダーの役割と意味

津波てんでんこから学ぶリーダーの役割と意味 リーダーの言葉の力

 

「今年も元気なペップトークを話して下さい!」

そんなご依頼があって東日本大震災の被災地の一つである釜石に行って来ました。

釜石と言えば、大震災の後、「釜石の奇跡」が世界中で報道されました。

もしかすると「カマイシ・ミラクル」は、国内よりも海外で知られているかも知れません。

 

「釜石では津波のために多くの家が全壊したエリアにも関わらず、
子供たちの生存率が99・8%だった」ことが、「奇跡」と言われる所以なのですが、

その裏には信じられない事実があったのだそうです。

 

 

人の命を救うために自分の命を最優先に守る『津波てんでんこ』

明治時代にも大津波によって被災した釜石では、
行政から防災マップが配られ、中学校や小学校では避難訓練が繰り返し行われていたそうです。

 

インターネットや報道などで調べてみると、

群馬大学の防災の専門家である片田敏孝教授のお名前があちこちに出てきます。

 

片田先生が中心となって行われた、津波防災教育が小中学生の命を救ったと言っても過言ではないようです。

津波防災教育のモットーは、

「大いなる自然の営みに畏敬の念を持ち、行政に委ねることなく、自らの命を守ることに主体的たれ」とのことです。

 

具体的な行動原則として教え込まれていたのは、

①想定にとらわれるな 
②最善を尽くせ 
③率先避難者たれ

の「避難の3原則」だそうです。

第1原則は行政の想定以上の災害が起きることがあり得る事を強調していました。

第2原則では、その時にできる最善の対応、可能な限り高いところに逃げるようにとの指導、

第3原則は、「率先して避難すれば、その姿を見て周囲の人もついてくる。

 

結果として多くの人々を救える。

だから、まずは自分の命を守りぬくことが先決だ」と繰り返されました。

 

第3原則を聞くと、「周りの人は放っておくの?」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんが、
被災経験があるここでは、昔から「津波てんでんこ」という教えが根付いていたそうです。

 

それは、「津波が来たら、てんでバラバラになってもとにかく逃げろ! 自分の命は自分で守れ!」という教えです。

津波の本当の恐ろしさを身を以て体験した先人たちの教えなのです。

 

家族の事、子供の事、友達の事。

胸が張り裂けるほど心配でも誰も津波には勝てません。

 

「取るものもとりあえず、とにかく各自で高台へと逃げろ!」。

それが「津波てんでんこ」、まさに生き残るための行動指針だったのです。

 

 

『津波てんでんこ』で多くの命が救われた本当の理由

2011年3月11日、信じられない大きさの地震そして津波が発生しました。

 

子供たちは走り始めました。

海釣りをしていた子もいたそうです。

 

公園で遊んでいた子、家に帰っていた子、中学生で部活をしていた子などみんながまず、近場の高台に走りました。

そこは日頃の訓練で避難所として指定された『ございしょの里』と呼ばれる施設でした。

「あの丘の上の白い建物が、ごさいしょの里です」。

釜石駅まで迎えに来て下さった地元の養護学校の先生が、教えて下さいました。

 

「あの有名な避難所ですよね!600人もの子供たちが、自らの判断でさらに上に登って助かったと言う…。

僕、見ましたよ。保育園児たちの手を引いた中学生や小学生たちが、ごさいしょの里よりももっと上の高台への非難をしている写真を」。

 

子供たちがごさいしょの里を後にした直後にその施設は津波に襲われ、

最後列にいた子供たちは、足元を波にさらわれそうになりながらも必死で駆け抜けたそうです。

 

「少し違うんですよ、岩﨑さん。

実はその時、

『あそこの崖が崩れるのは普通じゃない!もっと上に逃げな!』

とおっしゃったおばあちゃんの存在があるんです」。

 

私は地元の人しか知り得ない話に絶句しました。

2012年冬、あるシンポジウムで釜石の中学生たちの発表がありました。

そのメッセージの中には、その事実を示唆する内容が含まれていました。

 

「大震災時に、お年寄りの知恵(記憶、体験)に助けられました。

お年寄りを大切にしなければならないのは、お年寄りが弱い存在だからではなく、知恵を持っているからです」

 

「ありがとう、おじいちゃん、おばあちゃん。僕たちの命があるのは皆さんのおかげです」。

 

脳科学者である中野信子先生がおっしゃっています。

 

「脳科学の観点から、実務的なアドバイスができるのは50代。
でも人生のアドバイスをできるのは、60代以上です」。

 

ちょっと立ち寄った復興食堂のおばあさんが、いつまでも手を振って下さっている姿に涙が止まらなくなっていました。

 

ありがとう、おばあさん、いつまでもお元気で!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました